スーパーフード「ケール」の魅力

ケールは、キャベツやブロッコリーの原種とされている野菜で、がん予防のビタミンACE(エース)をはじめ、β-カロテンやルテイン、カルシウム、食物繊維、葉酸などの栄養素を豊富に含むことから、「緑黄色野菜の王様」、「葉野菜の女王」と呼ばれています。

近年、健康に良いスーパーフードとして米国のスーパーモデルやセレブの間で話題となり、日本でも需要が高まってきています。

ケールに含まれる栄養素と期待される効果

  • 還元効果
  • 美容効果
  • 若々しさを保つ効果
  • 体を丈夫にする効果
  • リフレッシュ効果
  • 血流を改善する効果
  • くっきりをサポートする効果
  • 朝からスッキリを促す効果
βカロテン 強い抗酸化作用を持ち、必要に応じて体内でビタミンAに変わり免疫力を高めます。
ビタミンA 粘膜を丈夫にする働きがあるため、美肌や風邪予防などに効果が期待できます。
ビタミンC

皮膚や血管の老化を防ぎ免疫力を高める働きがあり、コラーゲンの合成にも必要なため、美肌や抗ストレス、風邪予防に効果が期待できます。

ビタミンE 強い抗酸化作用があり、活性酸素を排泄し、体の老化を防ぐと共に、ガン・心筋梗塞・脳卒中などの生活習慣病予防に効果が期待できます。
ビタミンK 血液の凝固作用とカルシウムを骨に沈着する際に必要なたんぱく質を活性化させる働きがあり、骨の健康にも効果が期待できます。
カルシウム 骨や歯の主要な栄養素であり、神経の伝達を正常に保つ働きがあり、骨粗鬆症の予防や、更年期障害の緩和、抗ストレスなどに効果が期待できます。
カリウム ナトリウムの排出を促す働きがあり、高血圧予防やむくみ改善、筋肉を正常に保つ効果が期待できます。
葉酸 ビタミンB群の一種でビタミンB12とともに赤血球の形成を助ける働きがあり、胎児や乳幼児の健全な発達を助ける効果が期待できます。
ルテイン カロテノイドという天然色素の一種です。摂取すると眼に蓄積され、抗酸化作用と遮光作用によって視力低下や眼病予防などに効果が期待できます。体内で作ることができない物質のため、食事で摂取する必要があります。
食物繊維 コレステロールや脂質の吸収を抑制し排出を促進することによる血中コレステロールの低下、腸内細菌のバランスを整え、腸の働きを活発にして便通をよくすることによる大腸がんの予防が期待できます。

CONTENTS

News & Topics